女性

仕事のノウハウを社員教育で学ぼう|企業が求める社員を目指す

仕事でのマナーが大事

男女

接客のためのマナーを教える

各企業とも新卒社員の社員教育には力を入れています。これから長く会社のために働いていく上で基本となるマナーや電話の受け答えを新入社員の集合研修で教え、後は各配属先で先輩社員について業務を一つ一つ覚えていくことになります。そんな中で、外部の取引先と接する機会のある部署に配属となった場合、接客態度もきちんと教えることも大事な社員教育の一つなのです。集合形式の新入社員研修で名刺の交換の仕方は学んだとしても、実際の商談は名刺交換後が本番になりますので、先輩社員と一緒に接客に入って進め方を覚えていくようにしなければなりません。細かいことですが来客した取引先さんにお茶を出すなどもマナーとして覚えておかねばならないことなのです。

雑談時の内容にも注意する

外部の取引さんとの接客では、業界の最新情報から業務にあまり関係ない詩的な雑談までいろんな話をします。本題にいきなり入るのではなく、久しぶりの商談ですとお互いの会社の近況などをゆっくり話すことも多いのが会社の商談というものなのです。ただし、この雑談の際に会社の悪口やマイナスの話題を出すことは得策ではありません。慣れないうちは話が盛り上がって来ると調子に乗っていろんなことを好き放題話したい気分になったりもしますが、そこはビジネスマンのマナーとして控えなければいけない内容があることを社員教育で教えないといけません。こういったマナーの社員教育が出来ている会社の社員は、きちんと言ってはいけない内容が何かをわきまえているのです。